沖縄の海でいろんな思い出ができました

沖縄の海でいろんな思い出ができました 高校の修学旅行で沖縄に行きました。山で自転車のサイクリングをしていたのに、坂を面白がって駆け下りているうちに、気づいたら海に出ていました。いい天気で、10月ごろだったと思いますが、水がキラキラしていました。思わず友達と靴を脱いで飛び込みました。少しぬるい透明な水で、砂は真っ白でした。足がとっても綺麗に水越しに見えました。

沖縄の海の砂は珊瑚が粉になったものです。真っ白でさらさらして、まるで天国にいるような情景を作っています。死んでしまった珊瑚、と考えるとなんだか悲しくなりますが、自然が作った奇跡というのを同時に実感します。潜ってみると、珊瑚礁のまわりまで行くことができれば魚がいっぱいいます。沖縄の海は南のほうなので魚も色とりどりで南国風の見た目をしています。友達が気を抜いていると魚に噛まれたらしく、「そんなことあるの?」と言ってみんなで笑いました。食べ物だと思われたとか面白いです。

水の中で使うことができるカメラを使って、たくさん写真を撮りました。水中メガネが光っていたので、あんまり誰だか顔がはっきりしませんでしたが大切な思い出になりました。グアムの海にも行きましたが、沖縄の海が一番綺麗な海だと思います。